Archive For The “ナルク” Category

ナルク部主催「人生後期のファイナンシャルプラニングの基本に戻って考えるべきことについて」のセミナーのまとめ

By |

ナルク部主催「人生後期のファイナンシャルプラニングの基本に戻って考えるべきことについて」のセミナーのまとめ

4月21日にファイナンシャルアドバイザーの新井康人様に先の内容でお話をいただきました。同日は初めての試みで対面とオンライン同時開催というハイブリッド形式でセミナーを行い、会場に7名、オンラインで25名の方々に参加いただきました。 まず、高齢化が進んでいることについて触れ、現在65歳の男性は25%の確率で92歳まで、女性は94歳まで生きる可能性があるために、人生後期のファインシャルプラニングは大切とお話しいただきました。 当日は4つの分野、①リタイア後の収入、②ケアコスト、③遺言書とLPAの作成、④相続と相続税対策についてそれぞれお話しいただきました。 その要約は下記のようになります。 ①リタイア後の収入 自宅からの収入(部屋貸しやEquity release)、年金、不動産賃貸収入、仕事からの収入、投資からの収入など。 そして、自分の収入はリタイア後の必要経費や交際や趣味の支出などの自分のライフスタイルを維持するために十分なものかを考える必要がある。 その際インフレの考慮が必要。特に昨今エネルギー代が高騰していることからも注意が必要。現金は現行のほぼ0金利のイングランド銀行の政策金利下ではインフレ率によって価値が目減りする。例えば10万ポンドの将来価値は3%のインフレで10年後に74,300ポンド、5%の場合は61,400ポンドへ目減りすることとなる。ちなみに英国の4月のインフレ率はエネルギー代の高騰などからも7.41%。 そこで、現金は緊急事態のためにある程度保有すべきではあるものの、現金、不動産、株式、債券などへ分散投資をして、その資産配分を定期的に、また状況に応じて見直す必要がある。 ②ケアコスト ケアプアラニングとして、まずケアが必要となった場合実際に発生する手順を理解する。それは、Local Authorityによるケアアセスメントに始まり、その後どのタイプのケアを選ぶかを考え、必要であればState Benefitの申請、これらの手続きを誰が仕切るのか、そしてそのコストをどのように支払うのかを考える。 23,250ポンド以上の資産を持っている場合、NHSのContinuing Careは得られない。つまりは個人で支払う必要がある。 典型的なNursing CareとResidential Careの費用は下記の通り。しかし、質の良いケアホームなどは週1000ポンドを超える。 2023年10月から個人が支払わなければならないケアコストの上限が、86,000ポンドとなるとのこと。 元気なうちにケアコストの自己負担分をどのように捻出するのかを考慮しておくべき。 ③遺言書、LPAの作成 なぜ遺言書やLPAが必要なのか。それは、遺言書が無い場合、自動的に相続人が決定され、自分の意思が反映されない。そして、手続きや遺産配分までの時間がかかるため。 LPAが無い中で認知症のように自己判断ができなくなった場合、代理人は裁判所が決定し、その決定までに時間がかなりかかり、意思決定の制限や毎年の報告義務、そして継続的な費用が必要となる。そこで元気なうちにLPAは作成すべきで、健康面と経済面で誰に代理人になってもらうかを考え準備をする。 ④相続税対策 英国では資産の325,000ポンドまでは非課税、それ以上は40%課税される。自宅に限定された追加の相続税非課税枠があり(子供等、自身の直系子孫に相続する条件で)、追加175,000ポンドのAllowanceもある。つまりは夫婦で35万ポンドを超える自宅を含む100万ポンドの資産があった場合はその資産は非課税。 相続税の対象となる資産については、Domicileルールが関わる。Domicileとはどこがご自分のホームタウンかということで、国籍とは異なる。相続税上は、英国に15年以上住み続けていた場合、Deemed Domicile扱いとなる。 英国には贈与税は無い。夫婦間の相続は相続税の対象にはならない。また、亡くなる7年前までに贈与したものは相続税の対象にならない。(Potentially Exempt Transfer(PET)と呼ぶ) Enterprise Investment Scheme(EIS)を通じての未公開株式やAIM-Listed businessの株式は2年以上保有していれば相続税の対象にならない。 その他、7年に関わりの無い非課税贈与の詳細は下記の通り。 トラストの活用 トラストとは信託契約で、Settlor(委託者、寄贈者)がトラストに資産を譲渡(贈与)し、Trustee(管理者)が管理・運用。その後Beneficiary(受益者)に分配。トラストに自身の財産を移す(譲渡)することで、相続税対策と同時に、生存中にトラストからインカムを受け取ることも可能。設定の際は、ファイナンシャルアドバイザーまたはソリシターに相談すべき。 相続税対策ポイントは、自分の財産にかかる相続税を理解し、どのようにすべきかを考え、それを定期的に見直すべき。 ファイナンシャルアドバイザーの仕事について 次のように説明いただきました。 ステップ1 目的を明確にする ステップ2 ファイナンシャルプランの作成 ステップ3 プランの実行 ステップ4 プランの定期的見直し・変化に対応した新しいプランの作成と実行 また、人生後期のファインシャルプラニングに限らず、ファイナンシャルアドバイザーは、資産の保護、資産の運用、Cash Management、タックスプランニングやキャッシュフロー分析やWill やLPAの設定などの様々な仕事をしている。 St. James Placeの顧客に対してはケア関係全般のサービスを提供しているCare Concierge Serviceも紹介しているとのこと。 Q&Aについて Q:Will作成に関してひな型はあるか。…

Read more »

NALC部

By |

NALC部

3月1日にズンバ・ゴールド・ チェアのオンラインクラスを 開 催 し 、1 3 名 の 方 々 に 参 加 いただきました。来月も第 一週火曜日の4月5日11時か ら行いますので、よろしけれ ばぜひ参加ください。 3月8日に行われたアイアンガーヨガ教室は、13名の参加で行 われました。4月も予定通り第2火曜日の12日で、通常通り他の クラスと異なり1時間早い午前10時からの開始となりますので ご注意ください。 毎月第4火曜日に行われているマイ ンドフルネスなヨガ教室は、先月22 日 に 開 催 さ れ 、1 7 名 の 方 々 に 参 加 いただきました。この教室も今月22 日11時からの開催で、4月は26日11 時からとなります。 先のクラスについては通常通りご案内の一斉メールをイベント 前に発信させていただき、参加をご希望いただいた方々へはイ ベント前日に招待リンクを送付させていただきます。 また、会報でもお知らせしていましたが、4月には人生後期に 知っておくべきファイナンシャルプラニングの一貫で下記のよ うにセミナーを開催します。 日 時:2022年4月21日(水)午後3時より 講演内容:人生後期のファイナンシャルプランニングの 基本に戻って考えるべきことについて 講演方法:対面とオンラインのハイブリッド 講演会場:IIJ Europe…

Read more »

4/21 ナルク部セミナーご案内

By |

4/21 ナルク部セミナーご案内

JA会員の皆様へ 平素はナルク部の活動にご協力いただきありがとうございます。 さて、すでに会報でお伝えしていましたが、ナルク部でこの数年開催させていただいています、人生後期に考え、準備をするエンディングノートの関連セミナーとして、人生後期のファイナンシャルプランニングを再度基本に戻って、資産管理、必要となった場合のケアコスト、WillとLPAの重要性、相続関連等全般について、ファイナンシャルアドバイザーの新井康人様にお話をお聞きすることとなりました。 今回は、久しぶりに対面及びオンラインのハイブリッド方式で行う予定です。なお、対面に関しては、山本理事の会社IIJのご協力で同社の会議室で行いますが、会場の広さの関係で先着30名までとさせていただき、会場のセキュリティーの関係で事前に参加者リストを事前に提出する必要があり、4月18日までに申し込みいただいた方のみとなりますので、ご理解ください。 そこで、参加ご希望の場合は  Googleフォーム で、  対面もしくはオンラインでの参加をご希望かを記載の上でお申し込みください。 オンラインでの参加の方々にはセミナー前日に招待リンクをお送りします。 なお、個人的なご質問はセミナー時ではなく、別途新井様へご連絡いただくことをお願いしますが、今回は一般的な質問に関しては事前に受付させていただき、その内容を参考にできる範囲でお話をいただくことを予定しています。そこで、そのようなご質問に関しては準備の都合からも先のGoogleフォームの参加申し込み用紙上、もしくは4月18日までにメールでご連絡いただきたくお願いいたします。それでは、セミナー詳細は下記をご覧ください。よろしくお願いいたします。 JAナルク部nalc@japanassociation.live-website.com *******日時:2022年4月21日(水)午後15時より講演内容:人生後期のファイナンシャルプランニングの基本に戻って考えるべきことについて講演方法:対面とオンラインのハイブリッド講演会場:IIJ Europe Limited, 1st Floor, 80 Cheapside London EC2V6EE 講師プロフィール:新井康人(あらいやすと)FPFS, Chartered Financial Planner, Associate Partner of St. James’s Place Wealth Management. 1992年京都大学経済学部卒。卒業後、外資系金融機関の株式トレーダー、ポートフォリオマネージャーとして、東京(1992-2002)香港(2002-2013)ロンドン(2014-2017)で勤務。2013年よりイギリス在住。2018年英国永住権取得後、英国ファイナンシャルアドバイザーの資格Diploma in Personal Financial Planning(UK)を取得。同年11月より正式にSJPアソシエイト・パートナーとして業務開始。 https://www.yasutoarai.co.uk/ ▼JAナルク部は様々な活動を行っています。活動内容はこちらをご覧下さい▼ https://japanassociation.live-website.com/ [japanassociation.us17.list-manage.com] JAナルク部email nalc@japanassociation.live-website.com

Read more »

NALC部

By |

NALC部

2月1日にズンバ・ゴールド・チェアのオンラインクラスを開催 し、17名の方々に参加いただきました。来月も第一週火曜日の3 月1日11時から行いますので、よろしければぜひ参加ください。 2月8日に行われたアイアンガーヨガ教室は、13名の参加で行 われました。3月も予定通り第2火曜日の8日で、通常通り他の クラスと異なり1時間早い午前10時からの開始となりますので ご注意ください。 毎 月 第 4 火 曜 日 に 行 わ れ て い る マイ ンド フ ル ネ ス な ヨ ガ 教 室 は、前月1月25日に開催され、19名の方々に参加いただきまし た。この教室も今月は予定通り22日11時からの開催で、3月も 22日11時からとなります。 先のクラスについては通常通りご案内の一斉メールをイベント 前に発信させていただき、参加をご希望いただいた方々へはイ ベント前日に招待リンクを送付させていただきます。 今月のナルク部の例会は2月8日にオンラインで行われ、今年のセ ミナーの日程について話し合われ、人生後期に知っておくべきファ イナンシャルプラニングの一貫でLasting Power of Attorney (LPA) に絡めたお話を4月にしていただく方向で調整をすることとなり ました。詳細は別途ご連絡をしますが、特にご希望の内容があり ましたらました、お気軽にナルク部(nalc@japanassociation.live-website.com)までメールでご連絡ください。 ナルク部の時間預託のシステムは、JA会員の方々が気兼ねな くサポートを依頼できるように、JA会員の皆様に付与されているナルク部時間預託のための10ポイントを利用して、病院の付添、買い物サポート等を受けるというものです。そこで、お怪我で買い物が難しい、病院への通院が一人では不安な際などは、お気軽にナルク部(nalc@japanassociation.live-website.com)までご連絡ください。ご希望いただきましたら、サポートが できる会員の方を一斉メールで募り、コーディネートをさせいただきます。その際、サポートいただく会員の方の交通費等 は実費でお支払いいただきますが、実際にサポートいただい た時間は会員の方保有のポイントから一時間あたり1ポイント をお手伝いいただいた方へお支払いいただくために、その他 費用は基本発生しません。

Read more »

NALC部

By |

NALC部

1月4日にズンバ・ゴールド・ チェアのオンラインクラスを開催し 、1 5 名 の 方々に参加いただきました。来月も第1 週火曜日の2月1日11時から 行いますので、よろしければ ぜひ参加ください。 通常第2火曜日に行われるヨガ教室は、大西敬子先生のご都 合で1月13日に10名の参加で行わました。2月はこれまで通り8 日火曜日午前10時から行います。 毎月第4火曜日に行われているマインドフ ルネスなヨガ教室は、フィンチ内田みつえ 先生のご都合で急遽予定を変更して12月 29日に開催され、17名の方々に参加いた だ き ま し た 。こ の 教 室 も 今 月 は 予 定 通 り 25日火曜日11時からの開催となります。 先のクラスについては通常通りご案内の一斉メールをイベント 前に発信させていただき、参加をご希望いただいた方々へはイ ベント前日に招待リンクを送付させていただきます。今 月 の ナ ル ク 部 の 例 会 は 1 月 1 8 日 に オ…

Read more »

NALC部

By |

NALC部

12月7日にズンバ・ゴール ド・チェアのオンラインクラ ス を 開 催 し 、1 3 名 の 方 々 に 参 加 い た だ き ま し た 。来 月 も第一週火曜日の1月4日11 時から行いますので、よろし ければぜひ参加ください。 12月に大西敬子先生が日本へ一時帰国をされていたことから お休みをいただいたヨガ教室は、新年は第2火曜日11日午前 10時から行います。 11月23日に15名の方々に参加いただき ましたマインドフルネスなヨガ教室は、 今月は28日11時から、そして新年も第4 火曜日の1月25日11時から開催を予定 しています。先のクラスについては通常通 りご 案 内 の 一 斉 メ ー ル を イベ ント 前 に発信させていただき、参加をご希望いただいた方々へはイベ ント前日に招待リンクを送付いたします。 今月のナルク部の例会は12月14日にお食事会を兼ねて行われ ました。ここでは、新年以降の予定の確認と今後のナルク部の活動に関して話し合われました。11 月同様にナルク部の主催ではありませ んが、今月4日に行われた「日本への永…

Read more »

日本への永住帰国~帰国時の手続きのセミナーのまとめ

By |

日本への永住帰国~帰国時の手続きのセミナーのまとめ

12月4日にライフメイツ社会保険労務士事務所の蓑田透氏のオンラインセミナーに参加し、このまとめを英国日本人会の会員の方々へはご希望であれば、別途ナルク部へお問い合わせいただくことでメールで個別にお送りすることを承諾いただきました。               そこで、下記のレジメの内容でご興味がありましたら、nalc@japanassociation.live-website.comへメールでご連絡ください。      なお、このセミナーでは日本国外で在住している人々が将来日本へ永住目的で帰国する際の手続きについて大枠で説明いただき、この手続きは現在居住されている国、またご自身がその国の国籍を取得されているかに応じて異なるために、詳細を避けて概要の説明となっています。      セミナーのレジメは下記のようになります。       必要な行政手続きは?外国籍と永住者では異なる? 外国籍で日本国籍がまだ残っている場合 日本に両保険サービスや保険料は? 日本の介護保険制度や高齢者施設の内容は? 住民票や戸籍とは? 帰国後外国籍や永住権はどうする? 年金や税金の手続きは? 日本の暮らしにいくらぐらいかかるの? 手続きはどこで?相談、代行はだれに頼む?     なお、このセミナーについて直接講演者の蓑田透氏へご連絡をご希望の場合は下記の詳細をご利用ください。       ライフメイツ株式会社/ライフメイツ社会保険労務士事務所の連絡先 住所: 東京都新宿区百人町2-9-6竹内ビル4階A号 電話番号: 03-6411-8984 メールアドレス:info@life-mates.jp ウェブサイト:https://www.life-mates.jp/office

Read more »

日本の年金~制度、しくみ、手続について

By |

日本の年金~制度、しくみ、手続について

「海外在住者だから知っておきたい日本の年金~制度、しくみ、手続について」のまとめ 11月13日に先のセミナーがライフメイツ社会保険労務士事務所の蓑田透氏によって行われ、英国日本人会ナルク部でも参加してきました。そこで下記のようにまとめ、蓑田氏に確認をいただき、英国日本人会のサイトに掲載することを許可いただきましたのでご覧ください。 同日は次の内容でお話をいただきました。 年金制度概要 海外在住者が知っておくべきルール 事例 老齢年金以外の年金 手続き 関連情報 同事務所が提供するサービス 1.年金制度の概要 日本の年金は基礎年金とその上に乗る厚生年金や共済年金(2015年10月に共済年金は厚生年金へ統一)などの2階層が基本であること。これに、希望であれば追加国民年金基金や確定拠出年金を加えることができる。 また、これらに加入する人々は、サラリーマンや公務員で第2号被保険者として基礎年金が含まれる厚生年金への加入義務があり70歳まで加入ができ、それ以外の自営業者などの第1号被保険者は国民年金への加入義務があり、20歳から60歳の期間加入できる。そして、第2号被保険者の配偶者である第3号被保険者は、第1号被保険者同様に国民年金 保険料の支払いは特例で不要とのこと。 月額年金保険料(2021年) 国民年金16,610円 厚生年金は月額給与の18%を事業者と従業員で折半。 老齢年金(2021年) 基礎年金:最大780,900円(月額65,075円)で、これは40年(480か月保険料納付時)を案分。 厚生年金:受給者によって異なるものの、2019年の平均受給額は月額約14.5万円(基礎年金との合計)。 なお、加入義務対象者以外は国民年金の任意加入が可能。これは、下記のような場合。 60から65歳で満額に達していない場合や必要年数に足りない場合。 日本国籍で海外居住者で満額に達していない20歳から65歳。 先の場合は任意加入への変更手続きが必要。 また、基礎年金に任意で追加できる付加年金(月額400円)は、任意加入者も加入できる。 老齢年金の受給資格要件と受給開始年齢 年金加入期間(被保険者期間) 受給資格要件:国民年金もしくは厚生年金に10年以上加入(2017年までは25年)。 受給開始年齢  受給開始年齢 生年月日(下記のリンクで年金機構のページを参照)により60歳から65歳。これを繰り上げ(60歳から64歳)や繰り下げ(66歳から70歳)へすることも可能。繰り上げの場合は0.5%x月数の減額。繰り下げの場合は0.7%x月数の増額 https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20140421-02.html 2.海外在住者が知っておくべきルール 在住している国によっては、日本との社会保障協定によるルールで、「通算適用」及び「二重加入防止」というルールがあり、日本と移住した国で年金に加入していた年数を通算できる場合があるが、英国は「二重加入防止」のみで、「通算適用」の協定がない。 しかし、居住国を問わず、日本国籍を保有していれば、日本に居住していなかった期間(カラ期間)の適用が可能で、日本での年金加入期間が10年未満でも居住していなかった期間をカラ期間として合算対象期間10年で年金受給資 格があり、受給額は支払った保険料を元に算出される。 3.事例 これについては個々で異なることから省略。 4.老齢年金以外の年金 配偶者加給年金 65歳以降、配偶者を扶養するために老齢年金に上乗せされる年金。厚生年金に20年以上加入すると適用。 遺族年金 残された遺族(配偶者)の生活を守るための年金。一定期間の保険料納付要件あり。 障害年金 障害の原因となった疾病、負傷の初診日に被保険者である場合。一定期間の保険料納付要件あり。 離婚時の厚生年金の分割 厚生年金の一部が配偶者の年金へ移管。 5.手続き 海外居住者が日本の年金の手続きを行う方法は、英国在住者は下記の二つ。 直接訪問もしくは郵送 代理人に依頼 その手続きの詳細は下記の通り。 記録の確認(年金記録照会) 全国の年金事務所では身分証明書のみで可能だが、年金手帳などの参考資料があればさらに良い。 登録をすれば、ねんきん定期便や年金ネットで情報を得ることも可能。…

Read more »

NALC部

By |

NALC部

9 月 7 日にズンバ・ゴールド・ チェアのオンラインクラスを 開催し 11 名の方々に参加い ただきました。来月も第一 週火曜日の10月5日11時 から行 いますので、 よろし ければぜひ参加ください。 ヨガ教室は 9 月 14 日に行われて 11 名の方に参加いただきました。来 月の教室も第 2 火曜日 10 月 12 日 午前 10 時からの開催となります。 先月 18 名の方々に参加いただきま したマインドフルネスなヨガ教室は、今月 28 日 11 時から行われます。この教室も来月第 4 火曜日 の 26 日 11 時から開催を予定しています。 先のクラスについては通常通りご案内の一斉メールをイベント 前に発信させていただき、参加をご希望いただいた方々へは イベント前日に招待リンクを送付させていただきます。 今月のナルク部の例会は 9 月 14 日に行われました。ここでは、今後の予定が話し合われ、数年来まとめているエンディング ノートのひな形を今年中に作成すること、そして来年…

Read more »

NALC部

By |

NALC部

8月3日にズンバ・ゴールド・ チェアのオンラインクラス を 開 催 し 、1 0 名 の 方 々 に 参 加 い た だ き ま し た 。来 月 も 第一週火曜日の9月7日11時 か ら 行 い ま す の で 、よ ろ し ければぜひ参加ください。 ヨガ教室は8月10日に行われ て12名の方に参加いただき、 参加者の方から普段使わな い部分のストレッチができ たと喜んでいただきました。 来月の教室も第2火曜日9月 14日午前10時からの開催と なります。 先月17名の方々に参加いただきましたマインドフルネス なヨガ教室は、今月24日11時から行われます。この教室も来 月第4火曜日の28日11時から開催を予定しています。 先のクラスについては通常通りご案内の一斉メールをイベン ト前に発信させていただき、参加をご希望いただいた方々へ はイベント前日に招待リンクを送付させていただきます。 今月のナルク部の例会は8月17日にロンドン市内で、ナルク部 と福祉部の前部長の竹中厚子氏にも参加いただき、福祉部の 方々との交流会も兼ねて、お食事会形式で行われました。ま…

Read more »