Archive For The “同好会” Category

同好会報告

By |

同好会報告

スケッチ <クリスマス・イルミネーション> 毎 年 12 月の イルミネー ション は 素 晴らしく豪 華 だ。Oxford Stのスターダスト、Regent Stのエンジェル、 バスから眺めているだけで豪華な光のショーに見取れ てしまう。今迄に夜景は描いた事があるが、イルミネーションは初挑戦。あまり乗り気でなかった人達も描くと決まるとに努力家に変身するという事で今年最後の絵は師走の夜空に輝くクリスマスのイルミネーションに挑戦してみた。 俳句を学ぶ会 12月の句 季語は「風花」 風花や大樹の梢空青く / 廣瀬信子舞いて散り散りて手のひら風花が / バンダースケイフ日出美風花が出湯に吸われ空青し / 岡部 道風花の舞の舞台か青い空 / 松尾美和子 (オハロラン)蒼空に花より淡く風の花 / ウィンター千津子風花(かざはな)に手をさし伸べて見失う / 中田浩一郎 友尋ね風花舞いの道を行く / 藤田幸子風花は友なりアルプス碧き空 / アレン郁子風花やくるりひらりと空蒼し / 小野宣美風花や時を止めるよゆらゆらと / 大河内啓子風花や渡り鳥飛ぶ朝の空 / 福重久子風花や今日も舞うのか君恋し / 川西弘子 新企画!麻雀を楽しむ会 来年から定期的に麻雀を学ぶ機会(初心者向け)を現在企画中です。これ迄に参加を希望された方、麻雀を寄付下さるとご連絡をくださった方、有難うございました。 麻雀に興味のある方、又、不要になった麻雀セットを寄付くださる方、下記までご連絡をください。 お問い合わせ:hall@japanassociation.org.uk 歩く会 歩く会は来春までお休みします スマホ同好会 12月12日、Apple製品に使われているApple iOSとGoogle…

Read more »

同好会

By |

同好会

スケッチ <紅葉> 発音は同じでもロンドンの場合は<黄葉>という感じが する。公園は針葉樹は少なくほとんどが落葉樹で、赤く なる木は少なくせいぜいオレンジ止まり。ほとんどが黄 色い落ち葉となる、11月も10日を過ぎると公園の緑が 日一日と黄色に変化する様を見るのは、散歩に出るの が一段と楽しみに輪をかける。10月の絵は前から”お祭り“と決まっていたのでウォークでハムステッドヒースを 歩いたのにもかかわらず描けなかつたので、公園の木 々を描きたかった人達にとってはドラマティックに変化 した景色は描き甲斐があった事と思う。人物から風景 に180度転換の課題だが風景は一番ポピュラーな課題 なので皆さんにとっても楽しんで描けた事と思う。 俳句を学ぶ会 11月の句 季語は「行く秋」 栗行く秋に一幅の絵の如屏の蔦 / キング悦子 行く秋や一人夕餉の静けさよ / 廣瀬信子 行く秋や墓前に花を手向(たむ)けなん / バンダースケイフ日出美 公園の空のブランコ秋過ぐる / 岡部 道 行く秋を惜しむが如き虫の声 / 松尾美和子 ( オハロラン ) 木々の葉が日毎に変わり秋深し / ウィンター千津子 穏やかや瀬戸内の海秋ゆけど / 中田浩一郎 行く秋日一夜明け毎寒さ増し / 藤田幸子 首都を行く秋ゆっくりと黄金径(みち) / アレン郁子 あちこちの色深めつつ行く秋や / 小野宣美 行く秋や雨続く夜の寝ずの床 / 大河内啓子 黄菊やカボチャ 届きけり…

Read more »

同好会

By |

同好会

スケッチ <スカイガーデン&ナショナル・ポートレートギャラリー> 7月に下見に行った時は100人以上の行列だったのが、 さすが9月に入って学校が始まったせいか行列は無く すんなり建物に入ることができた。 空港並のセキュリ ティを通り、新しいエレベーターはアッという間に35 階に到着。緑の木をふんだんに植え込んだ温室風力 フェがあり人々がリラックスして談笑していた。 建物 はガラス張りなので壁際は外を眺める人々で一杯。さ らに内側にも階段があり一周出来る様になっていた。 ロンドン塔、タワーブリッジ、テームズ川、セントポー ル寺院、 カナリーウォルフの高層ビル街などが一望で き、我々も存分に見学出来た。 その後バスでトラファ ルガースクエアに戻り、ナショナル・ポートレートギャ ラリーを見学、故女王夫妻やウィリアム王子夫妻、新 しい試みかD.ベッカムなどもあり、堪能した後、 遅め のランチに向かった。 見学は全て無料。 日本ではあり得ない、この国の素晴らしい一面だ。 俳句を学ぶ会 月見上げ明日の天気を良しとする / キング悦子 イギリスの白夜のおぼろ秋の月 / 廣瀬信子 名月や我(われ)に寄り添う影法師 / バンダースケイフ日出美 我が胸のさざ波知るや月さやか / 岡部 道 はからずも満月誘う忍び逢い / 松尾美和子 (オハロラン) ドビュシーの「月の光」に想い馳せ / ウィンター千津子 名月をともに愛でるや月見草 / 中田浩一郎 満月の夜空仰ぎし祈り込め / 藤田幸子 つわものや同じ月みて何想う / アレン郁子 満月のウサギと遊ぶと泣く子ども…

Read more »

同好会

By |

同好会

スケッチ <ビッグベン> 今年のロンドンは冷夏といえるだろう。日本を含めた世界各地から熱波や山火事のニュースが伝えられる中、まるで別世界の様なロンドン。最初の予定はシティの”スカイ・ガーデン“だったが、夏休みと観光客で8月半ばまでチケットは売り切れ。博物館、美術館は何処も大変な混雑と聞いたので、前回雨で歩きそびれた ウエストミンスター橋とランベス橋の間の“コロナ・ハートメモリアル”を供養兼鑑賞で歩く事にした。絵は対岸のビッグベン。さすが観光の中心地、物凄い人出には辟易したが”灯台下暗し“で、テームズ川や橋などは何度か描いているが ”ビッグベン“に今回初めて挑戦してみた。 俳句を学ぶ会 8月の句 季語は「花火」 両国の花火の記憶色あせず / キング悦子庭先の線香花火遠き日よ / 廣瀬信子幼な日の思い出浸る宵花火 / バンダースケイフ日出美茣蓙敷いて親戚集う花火かな / 岡部 道束の間の輝く人生花火なり / 松尾美和子 (オハロラン)美しき花火の如く散りゆかん / ウィンター千津子 見上げれば大輪の華あゝ花火 / 中田浩一郎真夏の夜 花火眺めて喜々し孫 / 藤田幸子さき満ちて流れる花火名残り惜し / アレン郁子夕涼み虹の祭宴花火散る / 川西弘子大輪の花火が夜空をかけのぼり / 小野宣美橋の上花火見えずにシャンパン頭上 / 大河内啓子 歩く会 9月はサリー州を散策します日 時:9月22(金)10:20-17:30集合場所:Kingston駅交 通:Waterloo駅発(South Western Train)09:42    Kingston 駅着 10:10 Kingstonよりバス 1時間余り場 所: サリー州、Boxhills (健脚向け)又はDenbies Vineyard.担当者: 川西弘子 参加ご希望の方は川西までご連絡くださいa.alibert@ntlworld.com Tel: 07394 658 773 ※詳細は一斉メールにてご案内いたします スマホ同好会 8月8日、Google Account・Apple Account・Microsoft Accountは各々の会社のメールアドレスで無くてもアカウント登録は可能で、登録するとそれぞれの会社の提供する各種アプリ・Cloud Storageを利用出来、月額の料金を支払えばCloud…

Read more »

同好会報告

By |

同好会報告

スケッチ <夏の海マーゲイト> 毎年の事ながら夏が来ると海が恋しくなり7月か8月に は必ず海に行く様になっている。去年はブライトン、一 昨年はウイスタブルだった。今年はまだ行った事のな い南東にという事でマーゲイトになった。ビクトリア駅 より1時間40分程で着いた。南の砂利と違い遠浅の砂 浜なので昼は潮が引いていて海は1キロ程も先にあっ た。皆んな出かける遠足は特に楽しい。母国日本を始め世界各地で熱波襲来のニュースをよそに、こちらは 快晴とはいかずとも23.4度と快適気温、南海岸に住む Biddle夫妻の下見のおかげで本場のフィッシュ&チッ プスを食べ、海岸を歩き、ターナー美術館を見学し、 電車の中ではワイワイガヤガヤ、おやつボリボリ…童心に返って楽しんだ一日だった。 俳句を学ぶ会 7月の句 季語は「空蝉(うつせみ)」 「空蝉」とは『うつせみ』と読むこの言葉は、読んで字のごとく『蝉の抜け殻』を表しています。し かし、単に抜け殻を示す名詞としてだけでなく、その他にもいくつかの意味を備えているのです。『こ の世に生きている人間』を指す言葉としても用いられます。古語の『現人(うつおしみ)』が変化し たものといわれ、今まさに生きている人を示す言葉になったようです。 艶かし乳白色の空蝉よ / キング悦子 明日あると思うはかなき空蝉の / 廣瀬信子 空蝉や煩(わずら)い多き世相かな / バンダースケイフ日出美 空蝉を髪にかざした幼い日 / 岡部 道 空蝉を怖がる少女と悪戯っ子 ( いたずらっ子 ) / 松尾美和子 ( オハロラン ) 空蝉とひとしき(等しき)人生思いやる / ウィンター千津子 空蝉や集め遊びし夢なれど / 中田浩一郎 微風に靡く木の葉に空蝉よ / 藤田幸子 空蝉や時いそぎゆき盆近し / アレン郁子 朝露に濡れてむなしき空蝉よ…

Read more »

同好会報告

By |

同好会報告

スケッチ 毎年6月のスケッチ会には恒例の薔薇見会だ。満開 の薔薇の香りに包まれて、配達された和風弁当を皆 んなで食べる。それだけの事だが毎年20〜30人が参 加する。今年は25名の参加だった。また久々に元会 長の佐野さんが健康的に日焼けした顔、白シャツ姿 で参加された。集合写真を撮ると白は映える。薔薇 は前回描いているし今月は何を描こうかと皆さんの 希望を聞いたところ“人物”という声が聞こえたので、 即座に千津子会長経由で話が決まった。がしかし今 回はほぼ全員が苦労された様だ。人物は大変難し い。1ミリ、一点が表情を変える。皆さんどうもお疲れ様でした。 俳句を学ぶ会 6月の句 季語は「紫陽花」 紫陽花の色に見とれつ歩を止めり / キング悦子 鮮やかな緑の蕾紫陽花の / 廣瀬信子 大輪の青紫陽花や朝の露 / バンダースケイフ日出美 あじさいの花房重く雨に垂れ / 岡部 道 紫陽花の色に魅せられ絵筆とる / 松尾美和子 ( オハロラン ) 紫陽花や雨の重さに頭(こうべ)たれ / ウィンター千津子 紫陽花(あじさい)や色なき夢を彩りて / 中田浩一郎 陽を浴びて紫陽花園は雨水待ち / 藤田幸子 手向けたる紫陽花一朶笑み返し / アレン郁子 紫陽花や水玉はじけり涼しさよ / 川西弘子 紫陽花の葉茎伝いて雨しずく / ガフニー・タミー ひと休み窓辺の紫陽花雨の中 / 小野宣美…

Read more »

同好会報告

By |

同好会報告

スケッチ ミ ニ ウ ォ ー ク の 方 は ” チ ズ ル ハ ースト 洞 窟 ” を 探 索 し た 。 駅 か ら も 近 く 普 通 の 住 宅 の 一 画 の 建 物 の 中 に 入 口 が あるが想像を超える規模の大きさでガイドの説明も素 晴らしく、皆さんの好奇心を充分に満たす素晴らしい 探索だった。絵の方は季節に適切な“新緑”とした。華 や か な 桜…

Read more »

同好会

By |

同好会

スケッチ “果物” 4月は色々な花が咲く。今年は“三寒四温”が長引き八重 桜の開花も2週間程遅れている。私達は毎月第2水曜 日に集合し、ミニウォークで楽しみながら絵に関する 事も話し合っている。絵はウォークに関するとは限ら な い 。皆 さ ん の 多 数 決 で 今 回 は “ 果 物 ” に 決 ま っ た 。店 頭に並ぶ物、家の食卓の物、冷蔵庫から出した物、簡 単に描けると思っていた人ほど描き出して、そうは簡単では無い事に気付いた事だろう。近年の“グランマ”達 は 忙 し い 。働 く 子 供 達 に 代 わ っ て 家 族 を 助 け て い る 人 が多い。その限られた時間に絵が描かれる、”好きこそ…

Read more »

同好会

By |

同好会

スケッチ 3 月 も 半 ば 、確 実 に 陽 射 し も 強 く 日 も 長 く な っ て 来 て いるのに寒い気団の居座りのせいか、なかなか暖かく ならない。ロンドンも北部で時季外れの大雪が降った 様だ。とは言うものの太陽の陽射しは日増しに強くな っ て 来 て い る 。そ し て 道 端 や 庭 、公 園 な ど で カ ラ フ ルに春の花々が咲き出した。花は見ているだけで心が和 む。我々の春一番は何時も花になる。今回は昨年に続 きコラージュ(貼り絵)も二人いる、身近に咲いた花を 描いてみた。 川柳 *会員の皆様からの新たなる川柳の投稿をお待ちしております。 ご興味ある方は下記までどうぞ。…

Read more »

同好会

By |

同好会

スケッチ 2月のミニウォークはホルボーンの街のど真ん中にあ る緑の公園“リンカーンズ・イン・フィールズ”に面して並 ぶテラスハウスの一角にある、18世紀の有名な建築家 ジョン・ソーンの残したジョン・ソーン・ミュージアムに 行った。自身の住んだ家と後に自身で買い加えた隣りの家に生涯をかけて集められた古代からの書籍、絵 画、 彫刻などが地下G階、1階 にびっしりと展示されて い る 。4 万 5 千 点 に 及 ぶ オ ブ ジ ェ と 3 万 の ド ロ ー イ ン グ 、 それらの中から私達も原点に戻った感覚でデッサンに 的した人物の彫刻や壁画などを描いてみた。 俳句を学ぶ会 2月の句 季語は「春浅し」 春浅し満を持して種を蒔く / キング悦子 春浅し公園ひっそり目覚め待ち / 廣瀬信子 陽だまりで猫が居眠り春浅し / バンダースケイフ日出美 空青く木蓮角ぐみ春浅し / 岡部 道 春浅しまだ離せずのダウンコート / 松尾美和子…

Read more »