同好会

同好会ガイドライン: JAの全ての同好会の活動は、会員同士の同好の集まりであり、JAの主催する活動ではありません。それぞれの同好会の主催 者が個人として自主的に運営し、参加者も自己責任で参加します。JA会員・非会員に拘わらず参加可能です。JAは何ら同好会 の活動に対し、責任を負いません。

 

 

スケッチ 【6月】

 

今月の題はズバリ “6月”この様な題になると皆さんそれぞれ個人的発想の違い、又 日本人的発想と英国人的発想の違い等が重なって分かれ 色々なアイデアが出来大変面白い。ジューンブライドやアス コット競馬、薔薇、ラベンダー、小判百合等は英国風。深緑 と橋、カラフルな草花等はどちらにも共通し雨蛙や梅雨のイメージから窓に吹き付ける雨などは典型日本風と言える だろう。 今年も早半分がすぎてしまった。7月はHammersmithの日 本庭園、8月は又海に行きたいと思っている。尚、一般の方 の参加も歓迎していますので興味ある人はぜひご一緒し ましょう。

 

 

 

スマホ同好会

 

6月8日、日本からの2名を含め27名の参加でした。AppleのインターネットブラウザーSafari、セキュリティソフト、メールフォル ダーのサブフォルダーの作り方・移動方法、Cloudサービス、Microsoft OneDrive、Google Photoが5月末で容量無制限のサー ビスが無くなり、6月1日以降は無料の容量は15GBが上限となった事、Adblockの一時解除のQ&Aがありました。其の後、COVID-19での英国入国のRed・Amber・Green List、NHSアプリでのワクチン接種記録の確認方法についてQ&Aがありました。

 

今月の豆知識

iPadの文字入力でカーソルをスムーズに移動させる方法

カーソルを一本指で移動する方法もありますが、他 にもキーボードの上を二本指でスライドさせてカーソルを移動する方法があります。2本の指でキーボード を触るとキーボードの文字が消えてそのままスライド させるとカーソルが移動します。

 

Online ZOOM ミーティング予定

第1、第2、第3、第5火曜日の「午後1時から4時」です。 6月29日、7月6日、7月13日、7月20日。途中参加・退出も自由です。

初めての方は松崎美枝子までご連絡下さい。

Email:miekobarraclough@hotmail.com

Tel:07903 445 144

 

テニス 同好会

 

今月のテニス同好会は新しいメンバーを2人迎え参加 者は5名。久々にテニス日和となった当日、まずはショ ートラリーで体をならし、徐々に距離を開きロングラリ ーへ。青空の下、さわやかな汗をかいた午後でした。

参加者は経験年数が浅い人、昔やっていて久し振りに 復帰した人、長年やっている人などミックスですが、頑 張って上達しようという気持ちは一緒。テニス好きな方のご参加をお待ちしています。

 

次回のテニス同好会

日程:7月8日(木) 13:00 ‒ 15:00

場所:Victoria Park, 209 Ballards Lane, London N3 1LY

地下鉄:Finchley Central (Northern Line)下車。

参加費:£3.70/60分x2を参加人数で折半

申し込み:オークリー千春 ja.tennis@outlook.com

 

 

川柳

 

会食は 交際 (つきあい) 長く そばうどん

ビビンバ こねまわし練って 接着剤

さんさんと あびる言葉浴 耳の幸(さち)

ねらわれる 高齢者の 購買力

文句はオフ お世辞はオン 補聴器

聞かない聞きます聞けば聞け聞けよ

 

誕生日 ハッピーナッピー リターン

高齢者 自身のトリセツ( 取扱説明書)行方不明

生きること 怖い切ない 辞書にない

生きること 人生は舞台 楽しく演技

 

吾柳(ゴリュー)

 

ご興味ある方は下記までどうぞ。 secretry@japanassociation.live-website.com

 

 

俳句を学ぶ会

 

6月の句 今月の季語 「蛙」

 

迷い来た蛙手の中水先人

上田陽子

 

大胆にプールに挑む青蛙

キング悦子

 

姦しい蛙 の鳴く音 夕涼み

廣瀬信子

 

敷石を飛んで跳ねるは雨蛙

バンダースケイフ日出美

 

田植え歌唄う蛙の賑やかに

岡部 道

 

思い出や初めて食べた蛙足

松尾美和子(オハロラン)

 

夕暮れの鎮魂歌なり雨蛙

ウィーラー由美

 

故郷での蛙の合唱なつかしい

田口邦子

 

せせらぎに歌声競 (きそう) 蛙 ( かわず ) 蛙かな

川西弘子

 

飛びひさしく聞くや雨の音

ウィンター千津子

 

雨蛙雨降りの日もかくれんぼ

福重久子

 

田んぼ道景色に流るる蛙 ( かわず )の音(ね)

小野宣美

 

雨宿り乙女になみだ蛙鳴く

中田浩一郎

 

雨上がり急ぐ畦道蛙鳴き

藤田幸子

 

カッコーの鳴き声響く白樺湖

ガフニータミー