ナルク利用体験談

活動状況・ナルク利用体験談

JAナルクUKでは、会員の方のご要望に応じて様々な活動をさせていただいています。このページでその活動状況や利用体験談をご報告させていただきます。

▼2016年11月12日(投稿日)

遠距離介助として日本にお住まいのお母様のために、ナルクUKポイントをご利用された会員の方がいらしたので、このケースをご紹介します。

ご存知のようにナルクはNippon Active Life Clubとして、大阪に本部があり、北は北海道から南は九州までの活動拠点は現在135ヶ所、会員数は3万人で成り立っています。ここでは、子供からお年寄りまでの“会員相互の助けあい”を主たる目的として活動していますが、「遠距離介護」は特に需要が高いとのことです。ここでの「遠距離介助」とは、例えば親御さんが北海道に居てお子さんが東京に居る際に、遠く離れた親御さんの面倒を、自分の代わりに親元の近くの会員にお願いをするというサポートのことです。

今回はロンドンにお住まいの会員の方が、日本にお住まいのお母様の遠距離介助でナルクを利用されました。その遠距離介助とは、パソコンの利用方法ですが、ボランティアの方が2時間そのサポートをし、その対価として2ポイントがナルクUK会員のポイントから日本の拠点へ支払われました。

利用された会員の山口ゆかりさんは、今回のサポートに関して次のように感想を述べられています。

『UK在住の私の貯めた時間預託点数で、日本の家族がボランティア利用ができるナルクの趣旨に賛同した事が、私のナルクUK入会の動機の一つでした。大阪郊外で一人暮らしの実家の母は、パーキンソン病で右半身が少し不自由ですが、まだ自分の事は自分できるのでナルクのボランティア介護や家事援助は不要、と言っていました。

しかし、ナルクの活動は母が想像していたものと大きく違っていました。母の地元のナルク枚方拠点は会員数約800名で、家事援助や介護に関したボランティア以外にもハウスヘルプやパソコン指導、送迎などのボランティアも利用でき、ハイキングなどのサークル活動もあり、皆さん生き生きと活動されています。母は入会後、さっそく私の点数を使用して、ナルク枚方拠点のパソコンボランティアの方に母の新しいパソコンにEメールとスカイプの設定をして頂きました。

地元枚方拠点のコーディネーターの方はとても親切な方で、パソコン指導の方も速やかに快くボランティア提供して下さって、母はとても感謝していました。そして「話し相手」ボランティアなど身体が少し不自由な母にも地元で提供できるボランティア活動があるそうなので、母は自分でも預託点数を貯める事ができれば良いと、とても前向きに話しておりました。

ナルクUK事務局、ナルク国際部、そしてナルク枚方拠点のお世話になった担当の方々に母共々大変感謝しております。ありがとうございました。』